建築物とは?

街中に建っている住宅やビルを見て、私たちはそれを「おうち」といったり
「ビル」といったりします。総称では「建物(たてもの)」と呼びますね。


中にはレインボーブリッジだったり東京タワーだったり、普段に使う言葉の中で
「建物」とはいえないものがあります。そういう場合は「橋」といったり
「タワー」といったりそれぞれの名前で個別に呼ばれています。


レインボーブリッジ


建築基準法や不動産関係の法律など、建築に関するの法律のなかでは、
それらを全部ひっくるめて「建築物(けんちくぶつ)」と呼ばれます。


「建築物」とは、土地の上で定着しているものの総称、つまりこの地球上で
人の力で動かせないものは、全て「建築物」だと決められているのです。犬小屋も
「建築物」、ブロック塀も「建築物」、スタジアムの観客席も「建築物」。


レインボーブリッジや、東京タワーも「建築物」というわけです。
さて、「建築物」を作る仕事があります。たくさんの種類があります。企画する人、
設計する人、設計した部品の金額を計算する人、部品を作る人、部品を運ぶ人、
組み立てる人、土地を売る人、・・・etc.


細かく見ていくと、キリがないぐらいさまざまな人の手が関わって、ひとつの建築物が
できあがるわけです。ひっくるめて、建築関係のお仕事として求人されていたりします。


そんな幅広い建築関係のお仕事のなかで、ここでは、設計する人「建築士」に
スポットをあてて深く調べていきましょう。犬小屋も橋もビルも「建築物」だという
話をしましたが、では、犬小屋を造るのには、誰かの許可がいるでしょうか?
ブロック塀はどうでしょうか?庭に置く物置は?勝手に作っちゃいけないのでしょうか。

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved