建築士のメリット

建築士


建築関係の仕事はとても範囲が広く種類も膨大です。その資格もまた多種多様です。宅地建物取引主任者やインテリアコーディネーターは有名なところですね。


あまりにも多いので、一部ですが別表に記しておきますので参考にしてください。


(国)国家資格・・・法律に基づいて国あるいは国から委託を受けた機関が認定する資格
(公)公的資格・・・国や地方行政機関が認定する団体が認定する資格
(民)民間資格・・・企業や協会などの民間の任意団体が認定する資格

名称 主な法律 種類
建築士 建築士法
建築施工管理技士 建設業法
建築施工管理技士 建設業法
電気工事施工管理技士 建設業法
管工事施工管理技士 建設業法
造園施工管理技士     
宅地建物取引主任者 宅地建物取引業法
測量士、測量士補     
土地家屋調査士     
不動産鑑定士     
インテリアコーディネーター     
インテリアプランナー     
マンションリフォームマネージャー     
福祉住環境コーディネーター     
建築CAD検定     


それぞれがどんな職種で、どんな法律がかかって、どういう風に実践に役立つのか?
よく調べてみることが必要です。


そんな中でも建築士といえば、建築関係資格の頂点に立つ難しい資格だと
いわれています。とくに1級建築士においていえば、設計できる建物に制限が
ありませんので、バイクでいえば限定解除のようなもの。その資格一つで、
できる仕事の幅はとても広がります。


難関資格なだけに社会的なステータスも非常に高く、評価されています。
また1級建築士、2級建築士いずれの場合も、インテリア関係や不動産関係と
いったほかの種類の建築関係資格を取ろうと思ったときには、
試験の一部免除などの優遇措置が受けられます。


それだけ建築士試験の範囲が広く、十分知識を習得しているとみなされているのです。

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved