建築士の種類

建築士


建築士とは建築物の設計や管理をしてもよい資格のことです。
建築士には建築士法によって・・・


「一級建築士」

「二級建築士」

「木造建築士」


以上のの3種類が定められています。
建築士法は昭和25年に制定されたものですので、一級及び二級建築士には
50年以上の歴史があります。昭和59年に木造建築士もできました。


建築関係の資格は他にもたくさんあります。解くに職人と呼ばれる建築現場で
使える認定資格には種類が豊富です。危険と隣合わせの職業ですので、正しい知識と、また有資格というプライドを持って仕事にあたっていただきたいからです。


またインテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーターなど、時代のニーズに
合わせて新しい資格もどんどん出来てきています。


建築士は建築全般についての幅広い知識を持ち、全体を統括できる人と
考えていいかと思います。

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved