建築士の仕事現場


建築現場


建築士の資格を取ると、建築関係のさまざまな仕事をすることが出来ます。
といっても、実際にすることとは、就職した会社や事務所の業務内容によりますので、自分のしたいと思う仕事を選ぶのがとても重要です。


では、どんな仕事ができるのかを考えて見ましょう。


建築士という言葉からは。白い大きな紙に向かってはひたすら線を引いている
イメージが浮かびます。実際、設計事務所では、A0版という大きな紙に鉛筆で線を引いて、青焼きという写真の原理で焼き付けてコピーーしていたのです。


そういう仕事を、「意匠設計」といいます。しかし建築士は設計だけにとどまらず、
現場を取り仕切る工事監理もできるし、その建築に関する知識を生かして様々な分野で仕事が出来るのです。主な仕事とどんなことをするのか次に記して見ました。


建築士のお仕事


<建築意匠設計>
建物のデザインや、細かい仕様を考え、図面に表す仕事です。
この図面のことを設計図書(設計図)といいます。


<構造設計>
建物の骨組(構造部)が、安全で、効率よく配置されているかどうか、
計画したり構造図という図面に書きます。              


<設備設計>
建物の内部につける設備機器(電気・照度・機械・換気等)の計画をします。
また建物内外の環境に関する設計も設備に関わる部分が多くあります。


<積算>
建物に使われる全ての資材を拾いだして、かかるコストを計算し、管理する仕事です。
部材の種類や、適切な使用方法を把握して、図面を訂正したりします。


<工事監理、工事監督>
工事中、設計図書どおりに工事が進むように、現場を掌握します。直接、建築主(施主)へ
報告したり、折衝したりすることの多い仕事です。


<現場管理>
施工する側で、工事の現場を取り仕切る仕事です。安全管理・品質管理・
工程管理を行います。職人を配置したり、人材に関する仕事も多くあります。


<技能労働>
実際に自分の手を使って、物を作っていく仕事です。総称として、職人と呼ばれますが、
左官職人や鳶職人など、その内容は細分化されています。


<調査、鑑定>
建築物の調査・鑑定を行う仕事です。測量したり、土地や建物の謄本など資料を
探し出したりすることもあります。


<手続代理>
建築物を建てるのは、建築主(施主)ですので、建築士は建築確認申請や、
住宅金融公庫などの手続きを、発注者の代理人として行ったりします。


<企画>
大きいものでは都市計画や、住宅においても、その敷地をあらゆる法律に照らし
合わしてどのような建築ができるのか、検討する仕事です。


<研究、教育>
建築関係の教育や、研究者、また資格試験のための専門学校に関わる人なども
多くいます。


<行政>
公務員として、確認審査の業務を行ったり、また公共建築の企画・設計に
関わったりします。

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved