建築士の現状


土建屋

欧米で建築士といえば、医師や弁護士と同等にクオリティの高い資格といわれています。

しかし、残念なことに日本でいうと、建設業界の中でも「土建屋」などと呼ばれ、貧しい業種のひとつです。建築物とは設計士だけでも、施工主だけでもできません。建てようとする人、設計する人、建設業者、が横並びで協力し合ってこそ心に響く作品が出来るはずです。


そして本来建築士は立場上、建設業界の中では一番上位に位置するものなのです。しかし、実際の設計業務の多くは、せっかく資格をとり設計事務所として独立したとしても、工務店・建設会社の下請けとなってしまったり、建設会社の設計部門となっていることが多くあります。 


大手建設会社(ゼネコン)や、ハウスメーカーの中には、設計部門をもっていますし、
またお抱えの外注用の設計事務所を持っています。測量事務所も、構造事務所も、
工務店も実は同じような状況です。


また、実は建築基準法の細則は、地域によって異なります。土地の風土を守っていく
必要があるからです。法律が場所によって違うため、確認申請業務のみを行う
事務所もあります。


もっとも建築士の中にも、丹下建造や、安藤忠雄といったグローバルに活躍できる
クリエイティブな人材がでてきていますので、表現者として建築学を学びたいという
若者も多いのではないのでしょうか。

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved