建築士の業務範囲

建築士の業務範囲

建築士の業務範囲について表にしてみました

構造別区分 一級建築士でなければ設計または工事監理をしてはならない建築物 一級建築士または二級築士でなければ設計または工事監理をしてはならない建築物(左欄に該当するものを除く。) 一級建築士, 二級建築士または木造建築士でなければ設計または工事監理をしてはならない建築物(左欄に該当するものを除く。)
すべての構造について 学校,病院,劇場,映画館,観覧場,公会堂,集会場 (オーデトリアムを有しないものを除く。)百貨店の用途に供する建築物で延べ面積 が500?uをこえるもの          
鉄筋コンクリート造.鉄筋道,石造,れんが造, コンクリートブロック造. 無筋コンクリートブロック造の建築物または建築物の部分 (a)延べ面積が300?uをこえるもの(b)高さが13mをこえるもの(c)軒の高さが9mをこえるもの 延べ面積が30?uをこえるもの     
その他の構造で木造以外の建築物 延べ面棟が1,000?uをこえ,かつ2階以上のもの (a)延べ面積が100?uをこえるもの (b)3階以上のもの 木造の建築物     
木造の建築物 (a)延べ面積が1,000?uをこえかつ2階以上のもの(b)高さが13mをこえるもの(c)軒の高さが9mをこえるもの (a)延べ面棟が300?uをこえるもの(b)3階以上のもの 延べ面積が100?uをこえるもの
二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved