受験資格

建築士の受験資格


建築士を受験するには、次のどれかに当てはまっている者でないと受験できません。


一級建築士を受けようとするもの


1.大学(旧制大学、短期大学を含む)の建築学科または土木学科を卒業し、建築に関する実務を2年以上経験した者


2.三年制短大(夜間部を除く)の建築学科または土木学科を卒業し建築に関する実務を3年以上経験した者


3.二年制短大、高専の建築学科または土木学科を卒業し、建築に関する実務を4年以上経験した者

4.二級建築士として建築に関する実務を4年以上経験した者


5.その他国土交通大臣が特に認める者


二級建築士・木造建築士を受けようとするもの


1.大学(旧制大学、短期大学を含む)又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)の建築学科を卒業したもの。または土木学科を卒業し、建築に関する実務を1年以上経験した者


2.高等学校(旧制中等学校を含む)の建築学科または土木学科を卒業し、建築に関する実務を3年以上経験した者


3.学歴を問わず、建築に関する実務を7年以上経験した者


4.その他都道府県知事が特に認める者

もしも総量規制について知らないのであれば調べておきましょう!

二級建築士の無料資料請求 一級建築士の合格支援ソフト

関連エントリー

Copyright © 2007 建築士の資格と仕事のおはなし. All rights reserved